【コンクエスタドール】(Conquestador)入金不要ボーナス$30&入金ボーナス最大$2500

オンカジ

この記事ではコンクエスタドールの入金不要ボーナス、入金ボーナス、おすすめポイントについてまとめています。

①入金不要ボーナス$30

コンクエスタドールでは当サイト経由で登録して頂いた場合入金不要ボーナス$30のボーナスを獲得出来ます。

ボーナスコード

必ずこのページから登録をお願いします。他のページから登録した場合、このボーナスは受け取れませんので気を付けて下さい。(今後オンカジ得Navi限定プロモーションを行う場合も対象外となります)

①コンクエスタドールのサイトにアクセスし、登録画面でボーナスコード入力欄に「yukki95」と入力。登録はコチラ

②ボーナスを有効にして利用する
※賭け条件: 25 倍、出金上限:$80ドルになります。

②入金ボーナス最大$2500

コンクエスタドールではウェルカムボーナスとして、5回のボーナスで最大$2500を獲得できます。

入金ボーナス

コンクエスタドールのボーナスは特殊分離型でかなりややこしいです汗

初回入金ボーナスを貰うと、入金した金額であるキャッシュ額の比が賭け条件をクリアするか、負けるまで維持されます。キャッシュとボーナス比でベット額がそれぞれから使われ、キャッシュでのベットでのみ賭け条件が進行します。

例①

50%入金ボーナスで$300入金、ボーナス$150貰ったとします。(合計クレジットは$450)

キャッシュとボーナスの比が2:1です。その後、クレジットを使うとキャッシュ2:ボーナス1の比で、それぞれ使われてベットされます。仮に$600ベットするとキャッシュ$400、ボーナス$200がそれぞれベットされます。
賭け条件はキャッシュを使ってベットした額($400)しか進みません。

例②

100%入金ボーナスで$300入金、ボーナス$300貰ったとします。(合計クレジットは$600)

キャッシュとボーナスの比が1:1です。その後、クレジットを使うとキャッシュ1:ボーナス1の比で、それぞれ使われてベットされます。仮に$600ベットするとキャッシュ$300、ボーナス$300がそれぞれベットされます。

賭け条件はキャッシュを使ってベットした額($300)しか進みません。

かなりややこしいと思いますので下記の図を確認してください笑

賭け条件

②の例でいうと、賭け条件が20倍であった場合に$12000(キャッシュ$300+ボーナス$300×20倍)が賭け条件額となりますが、キャッシュでのベット分しか賭け条件が進まないため実質$24000のベットが必要になります。

このようなデメリットもありますが、賭け条件をクリアしていなくてもボーナス破棄で出金することが出来ます。

ボーナスを破棄する事でいつでも出金が出来るので、ボーナスを貰う事でリスクを背負う事がないというメリットもあります。

入金ボーナスを受け取るには入金前にボーナスを有効化する必要がありますので忘れないように注意してください。

プロモーション

ボーナスの詳細については下記のリンク先のページもご確認下さい。
コンクエスタドール規約

ボーナス利用時の注意事項(利用規約から重要点だけをピックアップ)

・賭け金の要件が満たされるまで、大幅な利益をもたらし、その後、以前の平均ステークサイズの75%以上のステークサイズの減少をもたらす行為

(例:$5ベットでスロットを回して大当りをし、$1以下にベット額を減らし賭け条件を消化させる)

・ボーナスを使ったベットの上限は付与ボーナス額の20%までです。20%を超えてベットをすることも可能ですが、賭け条件のベットとして認められません。

ただしベット上限を超えてベットすることは、ベット方法によって規約違反をとられる可能性が高くなります。そのためお勧めしません。

③おすすめポイント

・業界最大級の豪華ボーナス、ウェルカムボーナスだけで最大$2500とフリースピン200回を獲得出来ます。ウェルカムボーナス以外のボーナスの種類も豊富なので常にボーナスを絡めて遊ぶのがおすすめです。

・ボーナスが破棄できる特殊型になっている。詳細についてはボーナス記事の方にまとめていますのでそちらをご確認下さい。
・ボンズカジノと同様に最大20%のキャッシュバック!

・多彩なトーナメントが常時開催されています。ボンズカジノほどユーザー数が多くない為コンクエスタドールで入賞を狙ってみてはいかがでしょうか。

トーナメント

・サイトの設計がボンズカジノと似ているのでボンズカジノのシステムが好きな方におすすめです。ボンズカジノのウェルカムボーナスを既に消化してしまった方はコンクエスタドールのウェルカムボーナスで是非遊んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました